便秘にならないよう対策

便秘は腸内環境の悪化と比例しますが、腸内環境は美容に及ぼす影響が非常に大きいので特に女性にとってはなんとかして便秘を改善したいという人が多いでしょう。せっかく肌ケアにお金をかけていても、腸内環境が悪く体内から肌に悪影響を及ぼしていては肌ケアが報われません。日本内科学会によると三日以上排便がないと便秘と定義できると言われていますので、思い当たる人は便秘にならないよう、また改善できるように早めに対策をしましょう。

食生活食生活を見直して食物繊維と乳酸菌を積極的に摂取することによって腸内の働きを促すという方法もあります。さらにもっと本格的に体調そのものを整えて便秘の改善を図っていくために下腹部の筋力を鍛えたり、骨盤のゆがみなどを解消するための努力を払う人もいます。軽い筋トレや運動、デスクワークで歪んでしまった骨盤を矯正するだけで排便がスムーズになるケースもあります。

便秘は決して軽視してよい症状などではなく、身体からの危険を知らせるサインと捉えるべきものです。身体の冷えとも密接なつながりがありますので、身体を温めることや健全な食習慣、適度な運動など生活習慣全般を見直す機会にして身体作りをしていきましょう。

便秘の原因を理解する

そもそも便秘の根本的な原因とはどのようなものがあるのでしょうか。まずは原因がはっきりしている便秘の場合はだいちょうがんなどの病気が原因となっている場合や、糖尿病などの内科的な病気が原因で腸の機能に影響が出ている場合、さらに服用している薬が原因で便秘になっている場合などがあります。

原因一方多くの人が悩まされる便秘症状の場合は確たる原因がはっきりしていないタイプの便秘だと思われますが、これは生活習慣の乱れやストレスなどが原因となっていることが多いようです。一番一般的と言われる機能性便秘の場合などは、食習慣の乱れや運動不足、そして精神的なストレスなどが原因で腸の働きが悪くなることが原因と言われています。こうした考えてみると現代人の多くがこのパターンに合致してしまうかもしれません。

便秘型IBSと呼ばれる腹痛や不快感を伴う便秘の場合は、きちんと病院で診察、治療してもらうようにしましょう。そして便秘の原因は複数のものが複雑に組み合わさっている場合も少なくないので、自己対処方法でなかなか改善されない場合には早めに専門家に相談するのが賢明でしょう。まずは食習慣や水分補給、適度な運動をすることからはじめるならば、便秘の改善みならず基本的な代謝のアップにもつながります。

便秘の症状の現れ

便秘便秘の症状は様々で人によってかなり多様な症状があるので、なかには自分が抱えている悩みが便秘に端を発していると気づかない人もいるでしょう。便秘の症状で一番わかりやすいのが、便が何日も出ないということですが、他にもお腹が張っている感じがしたり、お腹の独特の痛みがあるということがあります。

やがて便秘はほかの部分にも症状として現れることがあり、頭痛や胃痛などの症状として出てくる場合があります。他にも女性にとっては大問題の肌荒れという形で便秘の影響が出てくる場合もあります。こうした症状だと便秘が原因だと気づかない場合もあるでしょう。

便秘を放置しておくとさらに重大な病気につながる可能性もあります。最悪の場合は大腸ガンなどに発展する可能性もあり、特に40代から50代の方に多いと言われています。大腸ガンはガンによる死因としては女性では第一位なので、やはり便秘くらいよくあることと放置せずに早期改善を目指して努力することが大切です。便秘というだけでも注意が必要ですが、便に血が混じっているなどの症状がある場合は早期に医師に相談することが重要です。これくらいで病院に行くなんて大げさだと考えずに早めに対処していきましょう。

便秘の人の割合

基本的な生活習慣が原因で起こる病気や症状は多いですが、日本人に多いものの一つで便秘という問題があります。便秘くらいはそれほど大きな問題ではないと考えている人も多いですが、実は便秘もひどくなると様々な体調不良の原因となります。日本人の中で便秘になる人の割合はなんと成人の14%にものぼります。これは7~8人に一人は大なり小なり便秘の症状に悩まされていることになる数字ですので、かなりメジャーの健康問題の一つだと言えます。

相談さらに便秘症状に関しては男性よりも女性の方が数倍も有病率が高いということで、多くの女性にとって便秘に関する話題は関心の的となっています。便秘にもいくつか種類があり、確たる原因が特定できない機能性便秘や、過敏性腸症候群の便秘、さらには薬剤性便秘や症候性便秘などがあります。全体をまとめると便秘とは排便システムが正常に作動しなくなる障害だと言えます。

女性のほうが便秘に悩まされることが多いのは、男性の場合年齢と共に男性と比べて腹筋が弱まっていくスピードが速く、腹筋が弱くなると腹圧が低下して排便がしにくくなるのです。そのため女性の中で、特に高齢になるにつれて便秘に悩まされるようになる方が多いようです。特に女性の場合便秘であることをなかなか人に相談しにくいと感じている人も多く、一人で悩んでいる人も多いと思われます。早い段階で内科や胃腸クリニック、消化器内科などに相談に行くのがオススメです。