便秘の症状の現れ

便秘便秘の症状は様々で人によってかなり多様な症状があるので、なかには自分が抱えている悩みが便秘に端を発していると気づかない人もいるでしょう。便秘の症状で一番わかりやすいのが、便が何日も出ないということですが、他にもお腹が張っている感じがしたり、お腹の独特の痛みがあるということがあります。

やがて便秘はほかの部分にも症状として現れることがあり、頭痛や胃痛などの症状として出てくる場合があります。他にも女性にとっては大問題の肌荒れという形で便秘の影響が出てくる場合もあります。こうした症状だと便秘が原因だと気づかない場合もあるでしょう。

便秘を放置しておくとさらに重大な病気につながる可能性もあります。最悪の場合は大腸ガンなどに発展する可能性もあり、特に40代から50代の方に多いと言われています。大腸ガンはガンによる死因としては女性では第一位なので、やはり便秘くらいよくあることと放置せずに早期改善を目指して努力することが大切です。便秘というだけでも注意が必要ですが、便に血が混じっているなどの症状がある場合は早期に医師に相談することが重要です。これくらいで病院に行くなんて大げさだと考えずに早めに対処していきましょう。